国内外ニュース

交番で警官撃たれ死亡、滋賀 不明だった19歳同僚の身柄確保

 滋賀県警彦根署河瀬駅前交番(同県警のホームページから)  滋賀県警彦根署河瀬駅前交番(同県警のホームページから)  血を流し倒れた巡査部長の男性が見つかった滋賀県彦根市の河瀬駅前交番=11日午後11時ごろ  血を流し倒れた巡査部長の男性が見つかった滋賀県彦根市の河瀬駅前交番=11日午後11時ごろ
 11日午後8時45分ごろ、滋賀県彦根市の「河瀬駅前交番」で、県警彦根署の井本光巡査部長(41)が後頭部と背中を拳銃で撃たれ、血を流して倒れているのが見つかった。搬送先の病院で死亡が確認された。同僚の男性巡査(19)が行方不明となっていたが、県警は12日未明、滋賀県愛荘町内で身柄を確保した。巡査部長を銃撃した疑いが強まったとして行方を追っていた。警察官が警察官を銃撃したとみられる異例の事態。県警は殺人容疑で逮捕状を請求する方針を固めており、動機やトラブルの有無を調べる。

 県警によると、井本巡査部長は自身の拳銃を携帯した状態で、使用された形跡がなかった。

(4月12日2時20分)

社会(4月12日)