国内外ニュース

米下院議長が引退表明 中間選挙に不出馬

 ライアン米下院議長(AP=共同)  ライアン米下院議長(AP=共同)
 【ワシントン共同】ライアン米下院議長(48)=共和党=は11日、議員の改選を迎える11月の中間選挙に出馬せず、引退する意向を表明した。ライアン氏の事務所によると、来年1月までの議員任期は全うする考え。下院議長は、大統領死亡時などの権限継承順位が副大統領に次ぐ要職。

 家族とより多くの時間を過ごすことを望んでいるという。米ニュースサイトのアクシオスは、ライアン氏は型破りなトランプ大統領との連携が求められることも含む「果てしなくいら立たしい」仕事から離れる考えだと報じていた。

 ライアン氏は1998年に20代で中西部ウィスコンシン州から下院議員に初当選した。

(4月11日23時51分)

国際(4月11日)