国内外ニュース

最高人民会議、核や外交審議なし 北朝鮮、人事と国家予算を決定

 11日、平壌で開かれた北朝鮮の最高人民会議(朝鮮中央通信=共同)  11日、平壌で開かれた北朝鮮の最高人民会議(朝鮮中央通信=共同)
 【北京共同】北朝鮮は11日、国会に当たる最高人民会議を平壌で開き、国家機関の人事や本年度の国家予算を決めた。南北や米朝の首脳会談を控える中、核開発や外交政策を巡る新たな措置は審議されなかった。金正恩朝鮮労働党委員長は出席しなかった。朝鮮中央通信が12日報じた。

 最高人民会議の開催は昨年4月以来。

 政策決定機関である国務委員会の人事では、金正恩氏の最側近だった黄炳瑞・前朝鮮人民軍総政治局長を国務副委員長から、金元弘前国家保衛相を国務委員から解任し、金正角軍総政治局長や朴光浩党副委員長らを新たな国務委員に選出した。

(4月12日9時35分)

国際(4月12日)