国内外ニュース

釧路4人殺傷、二審も無期懲役 35歳男に札幌高裁

 北海道釧路市の商業施設「イオンモール釧路昭和」で2016年6月、女性4人を切り付け、1人を死亡させ3人にけがをさせたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元新聞配達員松橋伸幸被告(35)の控訴審判決で、札幌高裁(登石郁朗裁判長)は12日、無期懲役の一審釧路地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。

 控訴審で弁護側は、被告には統合失調症の影響があり、刑が重すぎると主張。検察側は控訴棄却を求めていた。

 釧路地裁は昨年11月の裁判員裁判判決で、被告の統合失調症を認めたものの、犯行時は完全責任能力があったと認めた。

(4月12日10時36分)

社会(4月12日)