国内外ニュース

京都・祇園暴走事故6年で追悼 現場近くの寺で法要営む

 祇園暴走事故から6年となり、檀王法林寺で営まれた法要=12日午前、京都市  祇園暴走事故から6年となり、檀王法林寺で営まれた法要=12日午前、京都市
 京都・祇園で2012年、車が暴走し通行人7人が死亡、12人が負傷した事故から6年となった12日、現場近くの檀王法林寺(京都市左京区)で法要が営まれ、地元関係者や子どもらが犠牲者を追悼した。

 約50人が参加。法要後、事故で犠牲になった沢西桃代さん=当時(62)=の同僚だった女性(61)は「事故はついこの間のような気もするし、もう6年かとも思う。当時も信じられなかったが、今も消化しきれていない」と話した。

 事故は12年4月12日午後1時すぎ、てんかん発作を起こした藍染め販売会社の元従業員=当時(30)、死亡=の軽ワゴン車が暴走、歩行者を次々にはねるなどした。

(4月12日13時16分)

社会(4月12日)