国内外ニュース

希望と民進、9条に自衛隊認めず 新党の基本政策骨子案を提示

 希望、民進両党は12日、新党協議会で議論した基本政策の骨子案をそれぞれの党所属国会議員、地方組織の幹部に提示した。骨子案では憲法改正について「わが国が自衛権を行使できる限界を曖昧にしたまま、憲法9条に自衛隊を明記することは認めない」と記した。戦力不保持規定を残したまま、自衛隊の明記を提案する安倍晋三首相(自民党総裁)との違いを明確にした。

 憲法の基本的理念と立憲主義を維持しつつ、時代の変化に対応した未来志向の憲法を積極的に議論するとも強調。首相による衆院解散権の制約に関しては「国民と共に議論を深める」とした。

(4月12日19時01分)

政治(4月12日)