国内外ニュース

大幅増員も脱走受刑者発見できず 広島・愛媛両県警、千人規模へ

 広島県尾道市・向島で捜索する警察官=12日午後  広島県尾道市・向島で捜索する警察官=12日午後
 広島、愛媛両県警は12日、松山刑務所大井造船作業場から逃走した容疑で指名手配された受刑者平尾龍磨容疑者(27)の身柄確保に向け、潜伏先とみている広島県尾道市・向島の捜索に計約900人を投入した。島北部を中心に空き家や山林を捜索したが見つからず、13日は千人規模の態勢を組み、島全域を調べる。

 島北東部では脱走当日の8日夜以降、6件の窃盗被害が確認され、平尾容疑者の関与が疑われている。このうち10日朝までに車上荒らしの被害に遭い、検出された指紋が同容疑者と一致した車の周辺で、菓子の袋や牛乳パックが見つかったことが捜査関係者への取材で分かった。

(4月12日19時05分)

社会(4月12日)