国内外ニュース

龍馬宛て、桂の手紙原本を発見 倒幕「大舞台」の決意促す

 桂小五郎が坂本龍馬に宛てた手紙の原本。「狂言」「大舞台」などの記述がある(右から2行目)=12日午後、高知市の高知県立坂本龍馬記念館  桂小五郎が坂本龍馬に宛てた手紙の原本。「狂言」「大舞台」などの記述がある(右から2行目)=12日午後、高知市の高知県立坂本龍馬記念館
 高知県立坂本龍馬記念館(高知市)は12日、幕末期の大政奉還前に、長州藩の桂小五郎(木戸孝允)が龍馬に宛てた手紙の原本が見つかったと発表した。倒幕全体を能の「大舞台」、大政奉還を「狂言」に例え、土佐藩の決意を促す内容。複製で知られていたが、原本の所在が分からなかった。21日から同館の常設展で公開する。

 同館の三浦夏樹学芸員によると、1867(慶応3)年9月4日付。長崎にいた龍馬に宛てたもので、縦約17センチ、横約286センチ。

 手紙で桂は、「狂言」が失敗すれば「大舞台の崩れは必然と存じ奉り候」と指摘している。

(4月12日19時32分)

暮らし・話題(4月12日)