国内外ニュース

笹子事故遺族、検審申し立てへ 不起訴の説明「具体的でない」

 2012年12月に9人が死亡した中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故で、甲府地検は12日、業務上過失致死傷容疑で書類送検された中日本高速道路(名古屋市)の前社長らの不起訴処分について、地検で遺族に説明した。遺族は「説明は具体的でなく、納得できない」として、甲府検察審査会に審査を申し立てる意向をあらためて示した。

 説明は、天井板の下敷きになったワゴン車で死亡した男女5人の遺族が参加。遺族は甲府市内で記者会見し、松本玲さん=当時(28)=の父邦夫さん(67)=兵庫県芦屋市=は「捜査上の理由で具体的な説明はなく、強い不満がある」と述べた。

(4月12日19時52分)

社会(4月12日)