国内外ニュース

米大統領、TPP復帰検討を指示 日本批判「貿易で打撃」

 議員らとの通商に関する会合に参加するトランプ米大統領=ワシントン(UPI=共同)  議員らとの通商に関する会合に参加するトランプ米大統領=ワシントン(UPI=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は12日、ホワイトハウスで開いた議員らとの会合で、環太平洋連携協定(TPP)への復帰に改めて関心を示し、具体的な検討を始めるように同席した米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表らに指示した。ウォルターズ大統領副報道官が明らかにした。トランプ氏は12日、ツイッターで「日本は何年も貿易で米国に打撃を与えてきた」と批判。来週予定する安倍晋三首相との会談で、米国のTPP復帰に関し協議するとともに、日本の市場開放を迫る可能性が出てきた。

(4月13日13時26分)

経済(4月13日)