国内外ニュース

NY原油続伸、67ドル台 3年4カ月ぶり高値

 【ニューヨーク共同】12日のニューヨーク原油先物相場は4日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の5月渡しが前日比0・25ドル高の1バレル=67・07ドルと、2014年12月以来約3年4カ月ぶりの高値で取引を終えた。

 朝方は外国為替市場でドルが主要通貨に対して上昇し、ドル建ての原油先物に割高感が出たとして売りが先行したが、中東情勢の緊迫化に伴う供給不安が根強く、引けにかけてプラスに転じた。石油輸出国機構(OPEC)が月報で、加盟国の3月の原油生産高が前月から減少したと報告したことも相場を支えた。

(4月13日5時31分)

経済(4月13日)