国内外ニュース

シリア対応、決断に至らず 米大統領、安保会議開催

 12日、米ホワイトハウスで開いた会議で話すトランプ大統領(AP=共同)  12日、米ホワイトハウスで開いた会議で話すトランプ大統領(AP=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は12日、化学兵器使用疑惑が持たれるシリアのアサド政権への対応を協議するため、国家安全保障会議(NSC)を開催した。軍事攻撃も含めて対抗措置を検討しているが、最終決断には至らなかった。ホワイトハウスが発表した。攻撃に踏み切ればアサド政権を支えるロシアとの対立深刻化は必至で、慎重に情勢を見極めるとみられる。

 トランプ氏は12日、シリア対応で連携強化を図るため、フランスのマクロン大統領とメイ英首相と電話会談。

(4月13日7時01分)

国際(4月13日)