国内外ニュース

春日大社の至宝すべて見せます 14日から創建1250年特別展

 源頼朝が寄進したと伝わり、修理後初公開となる重要文化財の太鼓=13日午前、奈良市の奈良国立博物館  源頼朝が寄進したと伝わり、修理後初公開となる重要文化財の太鼓=13日午前、奈良市の奈良国立博物館
 奈良国立博物館は13日、春日大社(奈良市)の創建1250年を記念する特別展「国宝 春日大社のすべて」が14日から始まるのを前に、展示する豪華な神宝や奉納宝物を報道陣に公開した。

 総出陳数は224件で、うち国宝57件、重要文化財47件。前期(5月13日まで)と後期(同15日~6月10日)で展示替えがある。4月30日以外の月曜は休館。

 768年創建の春日大社は、藤原氏や朝廷に深く信仰され、平安時代に大きく発展。貴族や武家が奉納した当時最高級の工芸品や武具、祭礼に使う装束や楽器が伝わった。

(4月13日10時30分)

暮らし・話題(4月13日)