国内外ニュース

総人口の推計は1億2670万 22万7千が減少、7年連続

 人口が減少し、シャッターの閉じた店が並ぶ地方都市の商店街=2017年  人口が減少し、シャッターの閉じた店が並ぶ地方都市の商店街=2017年
 総務省が13日公表した2017年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は1億2670万6千人で、前年から22万7千人(0・18%)減った。マイナスは7年連続。65歳以上の高齢者は3515万2千人で全体の27・7%を占めた。人口減少は40道府県に及び、増加は7都県。増加率は東京都の0・73%が最高で、東京一極集中が続いている。

 各業界で人手不足が深刻化する中、働き手の中核となる15~64歳の「生産人口」は7596万2千人で、全体に占める割合は60・0%へ低下。75歳以上は1748万2千人(13・8%)だった。

(4月13日16時15分)

社会(4月13日)