国内外ニュース

ロシア極東に未完のホテル放置 着工から8年、汚職の象徴

 未完成のまま放置されているホテル=3月、ロシア・ウラジオストク(共同)  未完成のまま放置されているホテル=3月、ロシア・ウラジオストク(共同)
 【ウラジオストク共同】ロシア極東ウラジオストク中心部で高級ホテル用に建設された建物が着工から8年半が過ぎても完成せず、放置されている。多額の予算を投入した地元政府は売却を試みたが、買い手が見つからずじまい。破綻の危機にひんするホテル事業は「汚職がはびこり、発展が遅れる極東の象徴だ」と指摘されている。

 海を望む一等地に放置されているのは、米高級ホテルグループ、ハイアットのブランドを冠する予定だった建物。2009年に着工し、もう一つのハイアットのホテルとともに、12年にウラジオストクで開かれたAPEC首脳会議に合わせオープン予定だった。

(4月13日16時50分)

国際(4月13日)