国内外ニュース

京都葵祭ヒロインに23歳会社員 母も「斎王代」を経験

 葵祭の第63代「斎王代」に選ばれ、記者会見する坂下志保さん=13日午後、京都市  葵祭の第63代「斎王代」に選ばれ、記者会見する坂下志保さん=13日午後、京都市
 京都三大祭りの一つ、葵祭のヒロインとなる第63代「斎王代」に13日、ダイキン工業社員坂下志保さん(23)=京都市左京区=が選ばれた。

 朱色の振り袖姿で記者会見した坂下さんは「十二単に伝統の重さを感じながら一生懸命務めたい」と抱負を語った。平成最後の斎王代になるが、母も昭和最後の斎王代を経験。「体調に気を付けて」とアドバイスされたという。

 外資系土地開発会社社長の父隆一さん(62)と本家八ッ橋西尾(京都市左京区)専務の母美保さん(55)の長女。4月に新入社員になったばかりで「社会人の生活に慣れるので精いっぱい」とはにかんだ。

(4月13日17時26分)

暮らし・話題(4月13日)