国内外ニュース

シェア自転車、駐輪場倍増へ 政府計画、数値目標

 自転車の活用を促すため、政府は13日、街中で自転車を貸し出す「シェアサイクル」の駐輪場を現在の2倍の1700カ所に増やすなど、2020年度までの数値目標をまとめた。今夏までに閣議決定する推進計画に盛り込む。

 シェアサイクルは、利用者が自転車を借りた駐輪場とは別の場所にも返却できる。都市部の新たな交通手段として札幌市や福岡市など各地で導入が始まっている。

 シェアサイクルの駐輪場は16年度時点で全国に852カ所ある。政府は駅前など利便性の高い場所での設置拡大に向け、運営業者が行政手続きや用地交渉をスムーズにできるよう、自治体や鉄道会社に協力を要請する。

(4月13日18時40分)

社会(4月13日)