国内外ニュース

GWのJR列車予約は7%増 北海道新幹線は減少

 JR旅客6社は13日、ゴールデンウイーク期間(4月27日~5月6日)の新幹線と特急在来線の予約状況を発表した。北海道新幹線は予約が大きく減少する一方、東海道、九州新幹線は好調。全体では前年比7%増の264万席となった。

 混雑のピークは下りが5月3日、上りが同6日の見込み。

 北海道新幹線は前年比12%減の4万7千席。JR北海道の担当者は「開業3年目となり需要が落ち着き予約が減った可能性がある」としている。

 一方で、東海道新幹線は11%増の119万席、九州新幹線は13%増の10万席でそれぞれ大幅に増加した。

(4月13日19時15分)

社会(4月13日)