国内外ニュース

立体駐車場から泡あふれる、高松 車接触で消火装置作動か

 高松市中心部で、立体駐車場から路上にあふれ出した泡=13日午後2時30分ごろ  高松市中心部で、立体駐車場から路上にあふれ出した泡=13日午後2時30分ごろ
 13日午後2時ごろ、高松市中心部の商店街付近で、8階建て立体駐車場の1階入り口部分から消火剤の泡が大量にあふれ、一時歩道と国道11号の1車線をふさいだ。高松北署は、40~50代の男女4人が乗った乗用車が5階で消火装置に接触したのが原因とみて調べている。4人にけがはなかった。

 駐車場の運営者によると、装置を作動させるレバーに乗用車が接触し、破損。5階の天井部分から消火剤が流れ出した。

 当時、駐車場内にいた香川県三木町の無職松本多圏さん(68)は「白い水が滝のように天井から降ってきた」と驚いた様子で「中は坂だからタイヤが滑らないか心配だった」と話した。 

(4月13日19時42分)

社会(4月13日)