国内外ニュース

鹿児島地裁、職権で弁護人選任 5人殺害事件

 鹿児島県日置市で起きた5人殺害事件で、鹿児島地裁は13日、殺人容疑で逮捕された岩倉知広容疑者(38)の国選弁護人を職権で選任した。容疑者は弁護人を依頼することを拒んでいた。県弁護士会は事件の重大性を考慮し、裁判所が職権で選任するよう求める上申書を地裁に提出していた。

 県弁護士会などによると、7日の逮捕以降、勾留先の鹿児島西署などで当番弁護士らが3回接見した。国選弁護人の制度を説明し、勾留段階での弁護人の選任を勧めたが、容疑者は「警察に全て話しており、弁護してもらう必要はない」との趣旨の話をして断った。

(4月13日22時00分)

社会(4月13日)