国内外ニュース

なでしこ、W杯出場決定 豪州と分け8大会連続

 日本―オーストラリア 後半、ゴールを決め、祝福を受ける阪口夢(10)=アンマン(共同)  日本―オーストラリア 後半、ゴールを決め、祝福を受ける阪口夢(10)=アンマン(共同)  2019年W杯フランス大会の出場権を獲得し、笑顔でタッチを交わす阪口夢(10)ら女子日本イレブン=13日、ヨルダン・アンマン(共同)  2019年W杯フランス大会の出場権を獲得し、笑顔でタッチを交わす阪口夢(10)ら女子日本イレブン=13日、ヨルダン・アンマン(共同)
 【アンマン共同】サッカーの2019年女子ワールドカップ(W杯)フランス大会予選を兼ねたアジア・カップ第6日は13日、アンマンで1次リーグB組の最終戦が行われ、前回覇者の日本代表「なでしこジャパン」はオーストラリアと1―1で引き分け、8大会連続のW杯出場を決めた。

 日本は0―0の後半に阪口夢(日テレ)が先制したが、終盤に追いつかれた。ベトナムを下した韓国も含めた3チームが勝ち点5で並び、規定によりオーストラリアが1位、日本が2位となった。日本は準決勝進出が決まり、8チーム中5位までに与えられるW杯出場権を獲得した。

 韓国は5位決定戦に回る。

(4月14日0時45分)

サッカー(4月14日)