国内外ニュース

ロシア「英関与の証拠ある」 シリア化学兵器使用疑惑

 13日、モスクワで記者会見するロシア国防省のコナシェンコフ報道官(タス=共同)  13日、モスクワで記者会見するロシア国防省のコナシェンコフ報道官(タス=共同)
 【モスクワ共同】ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は13日、シリア首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑について、米国がシリアにミサイル攻撃を加えるための口実としてでっち上げたと批判し「英国が直接関与した証拠がある」と主張した。

 コナシェンコフ氏は、化学兵器が使用されたと告発したシリア民間防衛隊(ホワイトヘルメッツ)に対し、英国が4月3~6日に「計画された挑発を実行するよう強い圧力をかけた」と述べた。

 国防省は、ホワイトヘルメッツの「告発映像」に写った病院にいた男性2人の証言を紹介。2人は「搬送者の中には中毒症状がある人は一人もいなかった」と明言した。

(4月14日8時40分)

国際(4月14日)