国内外ニュース

共和党幹部の醜聞口止めを仲介 トランプ氏の顧問弁護士

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は13日、共和党全国委員会のブロイディ財務副委員長が、妊娠を主張した米誌「プレイボーイ」元モデルの女性との間で昨年、口止め料として160万ドル(約1億7千万円)の支払いで合意し、トランプ大統領の顧問弁護士コーエン氏が合意を仲介していたと報じた。

 コーエン氏は、トランプ氏と不倫関係にあったと主張する女優に口止め料13万ドルを支払っていたことでも注目されている。

 ブロイディ氏は大統領選でトランプ陣営の資金調達に寄与。トランプ氏とホワイトハウスでたびたび会うなど関係が近いとされる。

(4月14日9時55分)

国際(4月14日)