国内外ニュース

米州首脳、ベネズエラ情勢を討議 ペルーで会議開催

 【リマ共同】南米ペルーの首都リマで13日、北米と中南米カリブ海諸国による米州首脳会議が開かれた。各国で深刻化する汚職の対策や混迷するベネズエラ情勢への対応を話し合う。14日まで。

 開会式でホスト国ペルーのビスカラ大統領は、独裁化を強めるベネズエラを念頭に「民主的で公正な社会の建設という共通の目標を達成しよう」とあいさつした。

 中南米初訪問となるはずだったトランプ米大統領は、シリア情勢対応を理由に直前に出席を取りやめ、ペンス副大統領が代理出席。1994年に当時のクリントン米政権の主導で始まった米州首脳会議を、米大統領が欠席するのは初めて。

(4月14日13時36分)

国際(4月14日)