国内外ニュース

将棋イベントで師弟登場、神戸 藤井六段と杉本七段

 子どもたちの前で谷川浩司九段(手前)と模範対局する藤井聡太六段。(奥右は杉本昌隆七段=14日午後、神戸市  子どもたちの前で谷川浩司九段(手前)と模範対局する藤井聡太六段。(奥右は杉本昌隆七段=14日午後、神戸市
 将棋の竜王位獲得者らが子どもたちを指導するイベント「竜王アカデミー」が14日、神戸市で開かれた。計4期タイトルを保持した谷川浩司九段(56)のほか、最年少プロの藤井聡太六段(15)と師匠の杉本昌隆七段(49)が登場し、互いへの思いを語った。

 トークセッションで、杉本七段が「藤井六段と出会えて、縁を感じている。師弟として付き合えて大変うれしい」と語ると、藤井六段は「師匠に温かく見守ってもらっているのが、自分の力になっている」と感謝を表した。

 また、神戸出身の谷川九段は「阪神大震災直後の対局で、将棋を指せることの幸せを改めて感じた」と振り返った。

(4月14日18時42分)

文化・芸能(4月14日)