国内外ニュース

9条改正「必要ない」 元法制局長官が強調

 長崎市で講演する元内閣法制局長官の宮崎礼壹氏=14日午後  長崎市で講演する元内閣法制局長官の宮崎礼壹氏=14日午後
 第1次安倍政権で内閣法制局長官を務めた宮崎礼壹氏は14日、長崎市で講演し、憲法9条に自衛隊を明記する安倍晋三首相の憲法改正案について「国民投票で否定されても自衛隊の合憲性は変わらないと言うのならば、する必要はない」と述べ、首相の認識に疑問を呈した。

 講演は、安全保障関連法の違憲性を問う長崎地裁訴訟の弁護団などが主催した。宮崎氏は「改憲は大プロジェクトだ。国民投票で否決されたら安保法制も無効だ、との覚悟で国民を説得しなければ、いんちきだ」と指摘した。

(4月14日19時27分)

社会(4月14日)