国内外ニュース

SクライミングW杯、野中生萌V 楢崎智亜は2位、開幕戦

 ボルダリングで、2季ぶり3度目のW杯優勝を果たした野中生萌=マイリンゲン(共同)  ボルダリングで、2季ぶり3度目のW杯優勝を果たした野中生萌=マイリンゲン(共同)
 【マイリンゲン(スイス)共同】2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は14日、スイスのマイリンゲンで今季開幕戦となるボルダリング第1戦の準決勝と決勝が行われ、女子は20歳の野中生萌(TEAM au)が2季ぶり3度目のW杯優勝を果たした。野口啓代(同)は決勝で野中らと並んで4課題(コース)全てをクリアしたが、完登に要したトライ数の差で3位だった。

 男子は16年世界選手権を制した楢崎智亜(TEAM au)が2位に入り、高田知尭(鳥取県協会)は5位。イエルネイ・クルーデル(スロベニア)が優勝した。

(4月15日7時37分)

スポーツ(4月15日)