国内外ニュース

柳瀬元秘書官の国会招致は不可避 公明代表「見過ごせず」

 公明党の山口那津男代表は15日、青森市で開かれた党会合で講演し、柳瀬唯夫元首相秘書官が加計学園の獣医学部新設を「首相案件」と説明したとされる愛媛県文書について「見過ごすわけにはいかない」として、柳瀬氏の国会招致は避けられないとの認識を示した。

 農林水産省内からも愛媛県の説明に沿い「首相案件」文書が見つかったことに触れ「柳瀬氏は『記憶の限りでは会っていない』と言うが、本当に事実か国会で解明されなければならない」と指摘。その上で「必要であれば国会に来て、内容、経緯について説明責任を尽くしてもらいたい」と強調した。

(4月15日18時15分)

政治(4月15日)