国内外ニュース

森林組合連合会の解雇無効、埼玉 未払い賃金支払い命令

 埼玉県森林組合連合会で業務部長だった40代女性が解雇されたのは懲戒権の乱用だとして、同会に地位確認と損害賠償を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁は20日、解雇を無効と認め、未払い賃金の支払いを命じた。

 針塚遵裁判長は判決理由で、同会が解雇理由の一つに上げた、原告による森林整備事業の委託先の選定方法について「不当に偏っているとは認められない」と指摘。「解雇は合理的な理由を欠き、懲戒権の乱用に当たる」とした。

 被告側は「委託先を恣意的に選んで特定事業者に発注しており、職務上の義務に違反した」と主張していた。

(4月20日19時47分)

社会(4月20日)