国内外ニュース

野党「麻生氏辞任で審議復帰」 石破氏「風当たり強い」

 札幌市内で記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野代表=21日午後  札幌市内で記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野代表=21日午後
 野党は21日、福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑を踏まえ、麻生太郎副総理兼財務相が引責辞任することによって国会正常化を図るよう与党側へ要求を強めた。立憲民主党の枝野幸男代表が「与党は審議できる状況を整えていない」と厳しく批判。麻生氏辞任などを国会審議への復帰条件と位置付けた。

 自民党の石破茂元幹事長は、森友、加計学園問題などを含む一連の政府の不祥事に関し「経験したことのない風当たりの強さだ」と危機感を表明した。

 枝野氏は札幌市で記者団に「安倍晋三首相が『うみを出し切る』と言うなら具体的行動を示すべきだ。ボールは与党側にある」と述べた。

(4月21日21時52分)

政治(4月21日)