国内外ニュース

国際通貨金融委が米国で開幕 通商摩擦などのリスク点検

 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の記念撮影で、日銀の黒田総裁(左)に話しかける麻生財務相=20日、米ワシントン(ロイター=共同)  20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の記念撮影で、日銀の黒田総裁(左)に話しかける麻生財務相=20日、米ワシントン(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)の運営方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)が米首都ワシントンで20日(日本時間21日)開幕した。閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に続き、世界経済のリスクとして通商摩擦や金融情勢の変化が挙がり、対応の必要性を点検した。

 米国は中国などを念頭に不公正貿易の問題に対処するよう求め、IMFの役割を巡る議論にもトランプ政権の意向が影響した。21日昼(日本時間22日未明)に閉幕し、声明を発表、景気減速の回避を目指す。

(4月21日20時27分)

経済(4月21日)