国内外ニュース

米政権、北朝鮮に疑念 高官「わな」と指摘

 トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(いずれもロイター=共同)  トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(いずれもロイター=共同)
 【トロント共同】北朝鮮が核実験中止や核実験場廃棄などの決定を表明したことを巡り、トランプ米政権内部では北朝鮮が核放棄の約束を一切しておらず「核保有国」の地位を維持するつもりではないかと金正恩朝鮮労働党委員長の真意を疑う見方が強まっている。米主要メディアが21日、複数の政府当局者の話として伝えた。

 今回の決定を「わな」と指摘する米政府高官もおり、一連の動きは正恩氏が「理性的」で歩み寄る余地のある人物だと錯覚させる目的との見方も出ているという。6月上旬までに見込まれる米朝首脳会談の実現の可否や成果にも、影響を与える可能性がありそうだ。

(4月22日17時30分)

国際(4月22日)