国内外ニュース

柔道、17歳の素根が初出場優勝 全日本女子、冨田2位

 柔道の全日本女子選手権で史上初の初出場優勝を果たした素根輝=22日、横浜文化体育館  柔道の全日本女子選手権で史上初の初出場優勝を果たした素根輝=22日、横浜文化体育館  決勝で冨田若春(右)を破り、史上初の初出場優勝を果たした素根輝=横浜文化体育館  決勝で冨田若春(右)を破り、史上初の初出場優勝を果たした素根輝=横浜文化体育館
 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は22日、世界選手権(9月・バクー)女子78キロ超級代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、17歳の素根輝(福岡・南筑高)が決勝で冨田若春(コマツ)を退け、史上初の初出場優勝を果たした。17歳9カ月での優勝は、1993年に16歳11カ月で制した五輪女王の阿武教子に次いで史上2番目の若さ。

 素根は準決勝で2連覇を狙った21歳の朝比奈沙羅(パーク24)に延長の末、反則勝ち。冨田との決勝も延長で制した。だが国際大会での実績不足などを理由に世界選手権の個人代表を外れ、男女混合団体戦メンバーにとどまった。

(4月22日21時15分)

スポーツ(4月22日)