国内外ニュース

東証続落、2万2088円 半導体需要の先行きに警戒感

 週明け23日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。半導体需要の先行きに警戒感が広がり、関連する銘柄を中心に売り注文が膨らんだ。

 終値は前週末比74円20銭安の2万2088円04銭。東証株価指数(TOPIX)は0・34ポイント安の1750・79。出来高は約13億4300万株だった。

(4月23日15時11分)

経済(4月23日)