国内外ニュース

野田氏、セクハラ録音を擁護 「被害者の保護、救済が第一」

 野田聖子女性活躍担当相は24日の記者会見で、セクハラ被害者とされるテレビ朝日の女性社員が福田淳一財務事務次官の発言を録音し、週刊誌にそのデータを渡したことに関し「被害者の保護、救済が第一だ。女性記者がそこまでせざるを得なかったことについて、もう少し冷静に理解いただきたい」と擁護した。

 自民党の下村博文元文部科学相が女性社員の行動を「ある意味で犯罪だ」と講演会で批判。その後、撤回して謝罪しており、下村氏に苦言を呈した形だ。

 野田氏は「(録音の)背景を確認しないといけない。何もなければそんなことは発生しない」とも指摘した。

(4月24日11時11分)

政治(4月24日)