国内外ニュース

希望、民進の新党名を提案 両代表、早期に決定

 新党結成に向けた協議会に臨む、希望の党の玉木代表(奥左)と民進党の大塚代表(奥右)ら=24日午前、国会  新党結成に向けた協議会に臨む、希望の党の玉木代表(奥左)と民進党の大塚代表(奥右)ら=24日午前、国会
 希望、民進両党は24日午前、新党結成に向けた協議会を国会内で開催した。希望の玉木雄一郎、民進の大塚耕平両代表が新党の候補名を提案。新党の規約原案などを含め、両党内で改めて議論することを確認し、持ち帰った。同日午後に協議会を再開し、党名決定を目指す。希望は所属国会議員対象の会合、民進は執行役員会をそれぞれ開き、対応を話し合う。

 新党名を巡っては、希望の会合で「国民党」「平和民主党」などが提起されている。民進の会合では「民主国民党」や「共和党」などが挙がっている。

(4月24日12時16分)

政治(4月24日)