国内外ニュース

3月のスーパー売上高0・1%減 4カ月ぶりマイナス、衣料伸びず

 日本チェーンストア協会が24日発表した3月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比0・1%減で、4カ月ぶりにマイナスだった。春物の衣料品や住宅関連品が伸びなかったことが響いた。

 全店ベースの売上高は1兆607億円だった。協会の担当者は「3月前半は気温が低く、春物衣料が伸び悩んだ。また、基調として日常消費は弱い」と説明している。

 既存店ベースの部門別では、衣料品が3・0%減だった。住宅関連品は医薬・化粧品がプラスだったが、家電製品や家具・インテリアが落ち込み、全体で1・8%減となった。

 食料品は0・2%増だった。うち農産物は2・4%増だった。

(4月24日16時20分)

経済(4月24日)