国内外ニュース

NY株続落、424ドル安 米金利上昇に警戒感

 ニューヨーク証券取引所(AP=共同)  ニューヨーク証券取引所(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日続落し、前日比424・56ドル安の2万4024・13ドルで取引を終えた。米長期金利の指標となる10年債利回りが一時3%台に達し、景気への悪影響を警戒する見方が強まって、売り注文が広がった。

 消費者や企業の金利負担増や物価上昇が懸念され、下げ幅は一時600ドルを超えた。化学・事務用品の3M(スリーエム)と建設機械のキャタピラーが大幅下落し、相場の下げを主導した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は121・25ポイント安の7007・35と4営業日続落した。

(4月25日6時11分)

経済(4月25日)