国内外ニュース

サウジ、石油外収入1・2兆円 脱依存へ数値目標

 【リヤド共同】サウジアラビア政府は24日、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の指揮下で進める脱石油依存の経済改革で、国営企業の民営化などにより2020年までに石油以外の収入として90億ドル~110億ドル(約9800億~1兆2千億円)を達成することを柱とする計画文書を発表した。ロイター通信などが報じた。

 サウジ政府は世界最大の石油企業である国営サウジ・アラムコの新規株式公開を目玉に、石油依存からの脱却を目指す経済構造改革「ビジョン2030」を推進中。今回の文書は20年までの数値目標を示しており、最大1万2千人の雇用創出も盛り込んだ。

(4月25日8時26分)

国際(4月25日)