国内外ニュース

東・西日本、梅雨前半に雨多く 気象庁が3カ月予報

 気象庁は25日、5~7月の3カ月予報を発表した。東日本(関東甲信、東海、北陸)と西日本(近畿、中四国、九州)では、梅雨の前半にあたる6月に雨が平年並みか多くなり、後半の7月には平年並みか少なくなる見込み。全国的には平年並みの雨量となる。

 気象庁によると、太平洋高気圧が平年よりも日本列島寄りに張り出すため、6月は高気圧の縁を回って南から湿った空気が入りやすく、雨が多くなる。7月は高気圧がさらに張り出して日本列島にかかるため、晴れる日が増える見通し。

 気温は、北日本(北海道、東北)が3カ月を通じて平年並みか高い。

(4月25日16時57分)

社会(4月25日)