国内外ニュース

熊本県バド協会が元監督を除名 金銭不正で、再春館の今井彰宏氏

 バドミントンの再春館製薬所元監督の今井彰宏氏が在籍時に金銭的不正行為をしていた問題で、熊本県協会が同氏の除名処分を決めたことが25日、協会関係者の話で分かった。今井氏は昨年1月に所属選手が国際大会で獲得した賞金を当該選手に渡さなかったとして、監督を解任された。現在は岐阜トリッキーパンダースに在籍している。

 熊本県協会関係者によると、今井氏はチームに届いた賞金を「自分が選手に渡す」と主張して自らの口座に入るようにしていたという。熊本県協会は倫理規定に違反するとして処分を決定した。

(4月25日20時31分)

スポーツ(4月25日)