国内外ニュース

NY株、一時200ドル超安 米長期金利の上昇懸念

 【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して一時、前日からの下げ幅が200ドルを超えた。米長期金利が3%台と高水準で推移し、企業の金利負担増への懸念が引き続き相場の重しとなった。

 午前10時現在は前日比164・68ドル安の2万3859・45ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は55・88ポイント安の6951・47だった。

(4月25日23時31分)

経済(4月25日)