国内外ニュース

陸連、男性ホルモンの値で制限へ 女子の出場資格

 【ロンドン共同】国際陸連が男性ホルモンのテストステロン値が高い女子選手の出場資格を制限する規定を26日に発表すると25日、複数の英メディアが報じた。テストステロン値を基準値以下に下げなければ、11月1日以降は400メートル~1マイルの種目で国際大会に出場できなくなるという。

 性別に疑いの目を向けられたことがあるリオデジャネイロ五輪800メートル金メダルのキャスター・セメンヤ(南アフリカ)は、先天的にテストステロン値が高いとされる。

 英紙ガーディアン(電子版)によると、テストステロン値が高い女子選手は通常より9%以上のアドバンテージを得られることもある。

(4月26日12時21分)

スポーツ(4月26日)