国内外ニュース

震災前の防災体制の過失を認定 大川小訴訟、仙台高裁判決

 大川小津波訴訟の控訴審判決で、「勝訴」などと書かれた垂れ幕を掲げる遺族=26日午後、仙台市  大川小津波訴訟の控訴審判決で、「勝訴」などと書かれた垂れ幕を掲げる遺族=26日午後、仙台市  大川小津波訴訟の控訴審判決で、仙台高裁に向かう遺族ら原告団=26日午後  大川小津波訴訟の控訴審判決で、仙台高裁に向かう遺族ら原告団=26日午後
 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が、市と県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は26日、市と県に賠償を命じた一審判決を変更、約1千万円増額し約14億3600万円の支払いを命じた。争点だった震災前の市や学校の防災体制について、初めて過失を認定。浸水予想区域外だった大川小への津波の危険性を予見できたと判断した。

 これまでの津波訴訟で、地震前の企業や学校の組織的過失が認められたケースはなかった。国が学校の安全対策を進める中、高いレベルの防災体制を求める判決で、全国の教育関係者に大きな影響を与えそうだ。

(4月26日17時42分)

社会(4月26日)