国内外ニュース

基地労働者に手当過大支給 欠勤を出勤扱い、検査院調査

 在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、基地労働者の夏季・年末手当(ボーナス)の算定が適切でなく、2011~16年度に計約940万円が過大支給されていたことが26日、会計検査院の調べで分かった。

 処分を受けて出勤停止になっても、出勤扱いして算定していた。防衛省は昨年12月、在日米軍との労務提供契約を改め、是正措置を講じたという。

 また、検査院は、国が負担している土地の賃借料の節約、本来の目的に沿って土地が使用されるよう防衛省に求めた。

(4月26日17時46分)

社会(4月26日)