国内外ニュース

役所で無断残業はPC強制終了 大阪・寝屋川市が自治体で初導入

 長時間労働の抑制策として、職員が事前承認を得ずに残業をしていると表示される警告画面(大阪府寝屋川市提供)  長時間労働の抑制策として、職員が事前承認を得ずに残業をしていると表示される警告画面(大阪府寝屋川市提供)
 大阪府寝屋川市は26日、長時間労働の抑制策として、職員が事前承認を得ず残業をした場合、定められた終業時間から30分後にパソコンが強制終了するシステムを導入した。対象は課長代理以下の約千人。市によると民間企業で同様の取り組みがあるが、自治体としては全国初という。

 市の終業時間は原則午後5時半。市によると、パソコンの画面に1時間半前から30分ごとに、使用可能な時間と、残業する場合は申請が必要だとする注意文が表示される。申請せず使い続けると終業20分後から1分置きに警告画面が表示され、10分後に電源が切れる。

(4月26日18時00分)

暮らし・話題(4月26日)