国内外ニュース

ソフトB、ゆうちょ副社長を招聘 運用強化し企業価値向上狙う

 ゆうちょ銀行の佐護勝紀副社長  ゆうちょ銀行の佐護勝紀副社長
 ソフトバンクグループは26日、新たな取締役として、現在ゆうちょ銀行副社長で資産運用部門を統括する佐護勝紀氏(50)を招く人事を内定した。ソフトバンクは高い実績を上げてきた佐護氏を招聘することで、グループの運用部門を強化し企業価値の向上を狙う。6月20日の株主総会で正式決定する予定。

 日本を代表する大企業の現役経営層が直接、他社に移籍するのは珍しい。

 ソフトバンクは2017年にサウジアラビアの政府系ファンドなどと10兆円規模のソフトバンク・ビジョン・ファンドを設立し、投資を拡大している。国際的に顔の広い佐護氏が移籍後に運用や強化に携わる可能性もありそうだ。

(4月26日18時51分)

経済(4月26日)