国内外ニュース

任天堂、7年ぶり売上1兆円超え スイッチ好調で

 任天堂が26日発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前期比約2・1倍の1兆556億円となり、7年ぶりに1兆円の大台を超えた。昨年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」がヒットし、世界販売が1505万台を記録。本業のもうけを示す営業利益は約6倍の1775億円で、純利益も36・1%増の1395億円と好調だった。

 スイッチの18年3月期の販売目標は当初は1千万台だが、想定以上の売れ行きで2度にわたり上方修正した目標の1500万台も達成した。

 会見した君島達己社長は「スイッチの新しい遊び方が、想定以上に受け入れてもらえた」と強調した。

(4月26日19時06分)

経済(4月26日)