国内外ニュース

ショートの坂爪、現役引退の意向 男子のエース

 坂爪亮介  坂爪亮介
 平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子1000メートルで5位に入った坂爪亮介(28)=タカショー=が現役を引退する意向であることが26日、関係者への取材で分かった。日本スケート連盟の2018年度強化選手から外れ、所属先と最終調整している。

 群馬県出身の坂爪は男子のエースとして活躍。14年ソチ五輪は負傷の影響で振るわなかったが、平昌五輪では日本勢3大会ぶりとなる個人種目の入賞を果たした。500メートルは8位、5000メートルリレーにも出場して7位だった。3月の世界選手権の5000メートルリレーでは日本勢で9季ぶりの銅メダル獲得に貢献した。

(4月26日22時55分)

スポーツ(4月26日)