国内外ニュース

減税効果で2社増益 米自動車大手3社決算

 【ニューヨーク共同】米国が地盤の自動車大手3社の2018年1~3月期決算が26日出そろった。トランプ米政権による法人税減税を追い風に、フォード・モーターとフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が増益だった一方、リコール費用などが重荷となったゼネラル・モーターズ(GM)は減益だった。

 フォードの純利益は前年同期比9・0%増の17億3600万ドル(約1900億円)、FCAは59・3%増の10億2100万ユーロ(約1350億円)だった。GMは韓国事業のリストラ費用として9億ドルを計上し、純利益が59・9%減の10億4600万ドルに落ち込んだ。

(4月27日6時31分)

経済(4月27日)